現 場 報 告 書
   現場名       埼玉県所沢市立松井小学校  改築工事

                      同    屋内運動場改築工事

    日時       平成16年11月11日(木)PM1:00〜

    監理       埼玉県所沢市役所 道路公園部営繕課

    設計       X 平安設計  埼玉支店

    
    委託監理    X 平安設計  埼玉支店

    見学者      埼玉建築士会入間第一支部所沢部会部会員

    現状       車椅子使用児並びに車椅子使用者の父兄・祖父母の学校訪問時において

              段差がある為に水平移動に支障をきたしている

              又、上下階の垂直移動方法にも制約がある

              移動問題同様に生理的問題であるトイレの利用困難が考えられる

    見学目的    障害がある児童・車椅子使用児又は車椅子使用者の父兄の学校利用

              及び訪問時、現状問題を視野にいれて、車椅子使用者の視点から

              今回の見学会にて、今後の改善策を捻出する

【 校舎棟 正面玄関ホール 】
* ホール・階段・段鼻の各部分の色彩を変え、踏み外しによる転落危険示唆に有効である
【 校舎棟 教室 】
* 2階・3階の各階に普通教室3学年(1学年3クラス)計18クラス共、各学年毎の

   オープンスペースを採用しており、車椅子使用児・使用者でも充分なスペースが得られる

【 ひまわり学級 】
* 4クラスのオープンスペースを採用しており、自閉症児への対応ブースも設置

* 身体洗体用のシャワーは緊急の身体的変化時の対応に有効的

* 撮影はしなかったが、学級内に普通トイレは設置されてはいるものの

  車椅子使用児の利用は難しい為、多目的トイレの設置が望まれる

【 E V 】
* 車椅子使用児の校舎内の垂直移動に効果的である

* 学校訪問の高齢者・車椅子使用者に対しての垂直移動にも効果的であるが、

   設置場所が西側奥にあり、在校児による利用有無の観点から、難しいとの事で

   あるが設置案内表示が望まれる

【 校舎内トイレ 】
* 起立可能な車椅子使用児(男児)の使用は可であるが、その他の車椅子使用児及び

   車椅子使用者においては、多目的トイレ使用が望まれる

* 多目的トイレは2M四方のスペース有り、両サイド手摺

   (樹脂性L型タイプ・樹脂性跳ね上げタイプ)設置されており、使用時問題無しと思われる

* 多目的トイレ内の洗面所は車椅子使用児・使用者の使用時、フットレストも奥まで充分に

   入るスペースが確保されており、手元水濡れの回避に役立つ

* 車椅子使用児・使用者の便座から車椅子へのトランス時等における床への転落時

   緊急呼び出しコールも下方にあり、手が届く箇所に設置されている

* 撮影はしていないが、多目的トイレ扉は手動開閉に付き、上肢筋力弱者・児の開閉動作

   に支障が生じると思われる為自動扉の設置が望ましい

【 ランチ ルーム 】
* テーブル・イス等設置していないので定かではないが、木漏れ日を浴びながらのランチは

    食欲に一層磨きが掛かり、利用者の食事が進むと思われる

* 車椅子使用児にとって、手洗い場下のフットレスト奥行きスペースは使用時に効果的である

【 特別室(音楽室) 】
* 音楽室入り口は引き戸であり、入室はスムーズである。唯一の段差が見られた、放送室
【 特別室廊下・手洗い場・保健室・図書・閲覧室 】
* 廊下幅員は2.1Mあり、車椅子同士のすれ違いに充分である

* 車椅子使用児・使用者の手洗い場の使用は困難をきたすと思われる

    手洗い場下部はフットレストが入る様に充分な奥行きの確保が望まれる

* 図書・閲覧室入口の段差はフラットである

【 屋内運動場ステージ・ステージ昇降用スロープ 】
* ステージはアリーナより800cmの高さにあり、車椅子使用児・使用者のステージ利用者は

   バックステージのスロープを使用

* 昇降用スロープは1/15勾配であり、途中150cmの踊り場を設けてある

【 屋内運動場入り口及び多目的トイレ 】
* アリーナ入口段差はフラットである

* 多目的トイレは2M四方のスペース有り、両サイド手摺

  (樹脂性L型タイプ・樹脂性跳ね上げタイプ)が

   設置されており、使用時の問題無しと思われる(L型手摺は後日取りつけとの事)

* 多目的トイレ内の洗面所は車椅子使用児・使用者の使用時、フットレストも奥まで充分に

   入るスペースが確保されており、手元水濡れの回避に役立つ

* 車椅子使用児・使用者の便座から車椅子へのトランス等における床への転落時

   緊急呼び出しコールも下方にあり、手が届く箇所に設置されている

* 撮影はしていないが、多目的トイレ扉は手動開閉に付き、上肢筋力弱者・児の開閉動作

   に支障が生じると思われる為自動扉の設置が望ましい

【 総評 】

  * 車椅子使用児・使用者のみならず、視覚障害児・視覚障害者に対しての玄関ホール    

   の階段段鼻の色彩区別・各利用室毎の点字ブロックと様々な設置が施されている

  * 各室、各フロア共に充分な車椅子回転スペースが確保されている 

  * 各階にデッキチェア−が設置されており、児童・父兄のみならず 

   祖父母訪問見学時の足休めとして効果的である

  * 今回学校外廻りにおいては工事中であり、各建物入口等の検証は出来なかったが

   図面から察すると、充分な対応がなされていると見うけられる

  

  今回、工期完了直前との事での見学会において、工事中とは言え、

  車椅子使用者の私が見学出来た事に

  設計関係者・市役所関係者・工事関係者並びに同行見学者に対して、数々のご協力、

  ご配慮頂き、感謝しております。

  小学生の子を持つ、車椅子使用者の親として、この様な学校が今後出来て行く事を

  願う次第です。

以上
戻る