脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、車椅子住宅・バリアフリー住宅・介護保険住宅  
ご相談は  〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F  電話 049−235−8790 まで  メールはこちらまで  
       トップ画面      業務概要    
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 

 

脳血管障害で2号保険者として介護保険対象となる方は

屋外は車椅子を使用、屋内は4点杖を使用して移動されます。

 

 

上がり框の部分に竪手摺を取付ます。

トイレは開き扉をそのまま使用して、引戸にします。

 
  取っ手を着けてこんな感じとなります。  
 

トイレ内手摺は病院リハビリスタッフの意見の基、

便座からの距離を指定して取付ます。

 
 

床も嵩上げすると同時に便器も

そのまま使用します。

廊下からフラットの状態です。

 
 

扉を開け、竪手摺を握り、着座します。

一連の動作が完了です。

 
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)