脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、車椅子住宅・バリアフリー住宅  
 ご相談は  〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F  電話 049−235−8790 まで  メールはこちらまで  
        トップ画面    業務概要  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 

 

進行性疾患の方は屋外では簡易電動車椅子・屋内は自走用車椅子を使用しており、

ご家族と同居されています。

 

 

畳に布団で寝ていた生活をベット生活に替える事にしました。

ベットスペース確保の為押入れのスペースを利用します。

 
 

出入りはご両親に抱えられていましたが、負担軽減を目指し

車椅子用段差解消機を設置しました。

 
   物置が転落防止柵代わりになりました。  
  上昇して向きを変えます。  
  掃出し窓から入室します。  
 

以前に玄関から入室する事でスロープを施す

改修をされていたと言う事でした。

その為に段差解消機を設置する事で一部段差が生じてしまいます。

 
 

車椅子から段差解消機に乗る時には段差は有りませんが

ご家族が段差解消機を超えて、玄関に行く時には

段差が生じてしまいます。

 
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)