脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、車椅子住宅・バリアフリー住宅  
 
ご相談は  〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F  電話 049−235−8790 まで  メールはこちらまで  
        トップ画面    業務概要  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 

 

施設に入所されている片麻痺の車椅子使用者の外泊時に迎い入れる為の

住環境整備となります。

対象の方は自走用車椅子使用で要見守りとなります。

 

 

車椅子用段差解消機の設置が

外部から分からない様になりました。

 
 

 

 車椅子段差解消機に2方向から

利用する事が可能となります。

詳しくはこちら

 
  ご家族用の階段も設置します。  
  段差解消機が昇降の状態です。  
 

玄関ドア段差はあるものの、

片麻痺での車椅子走行の為

キャスター上げは出来ないので、フラットの状態にします。

雨水流入防止用の排水も設置です。

 
 

 上がり框も段差はありません。

 

 
 

室内に設けてあるトイレは車椅子でも入り易い

3枚引き戸にします。

十分な開口が取れます。

 
 

3枚引き戸の取っ手も考慮します。

手摺も新規取付です。

 
  トイレ内はこんな感じとなりました。  
   

洗面の使用頻度を考慮し、昇降用の車椅子対応洗面台を

設置しました。

 
  キッチンも同時交換です。  
     
       
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)