脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、車椅子住宅・バリアフリー住宅  
 
ご相談は  〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F  電話 049−235−8790 まで  メールはこちらまで  
         トップ画面    業務概要  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 

 

在宅で車椅子を使用している女性がトイレの自立に向けた最低限度の住環境整備です。

 

 

トイレ前の床を嵩上げし敷居との段差を無くします。

廊下との段差は擦り付け板で対応となります。

 
  トイレ入口まで車椅子を付ける事が可能となります。  
  手摺を取付にて姿勢保持も問題無しです。  
    正面手摺にて立位が安定しました。  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)