脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、車椅子住宅・バリアフリー住宅  
ご相談は  〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F  電話 049−235−8790 まで  メールはこちらまで  
          トップ画面    業務概要  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 

 

施設に入所されていた電動車椅子使用の女性が

賃貸アパートにて一人暮らしを始めました。

ヘルパーさんのお手伝いを受けながら生活して行きます。

 

 

玄関前にて電動車椅子から自走用車椅子に乗り替えます。

 
 

 

 車椅子での回転スペースとして

一部確保しました。

 
 

 

 壁を傷付ける事無い様に

パネルを貼ります。

 
   自走用車椅子なので床の補強も必要ありません。  
  介護用ベットの配置完了です。  
 

ユニットバスは段差を解消する為の嵩上げをし、

嵩上げに伴うトイレの便座高さは補高便座にて補う事としました。

手摺は浴槽を利用して手摺を設けました。

入浴は社会資源を利用します。

 
       
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)