脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、車椅子住宅・バリアフリー住宅  
 
ご相談は  〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F  電話 049−235−8790 まで  メールはこちらまで  
       トップ画面    業務概要  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 

 

 

 骨形成不全の中学生は屋外の移動は車椅子を使用しており、

屋内では床をイザって移動しています。

 

 

据え置き式の車椅子用段差解消機を設置しました。

このタイプだと段差解消機の厚み分のの段差越えも

楽に越えられます。

 
 

床をイザっての移動の為基本は段差はあまりない方が

望ましいです。

従って1F・2Fのトイレの床は嵩上げし敷居と段差が無いようにした上で

手摺を取付ました。

室内に入れば手摺を使用し立位をとってトイレに座れます。

 
   2階トイレも同じです。  
 

 

浴室の洗い場はイレクターで嵩上げし

段差を無くしました。

 
 

手洗い・洗顔は通常の洗面台では高く使用出来ない為

洗面脱衣室に専用の手洗い器を設けました。

 
  正面から見た専用手洗い器です。  
 

本人の寝室は2Fです。

階段には本人用の手摺を取付ます。

 
  手摺は連続性です。  
  2階から降りる時は後ろ向きで降りて来ます。  
       
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)