脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
       トップ画面    業務概要  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 

頸髄を損傷されたご本人様は簡易電動車椅子を使用し、ご家族で生活をされます。

 

       
 

シャワー室とトイレは兼用にし、専用としました。

そうする事で家族とは別対応となります。

生活動線を考えて室内に設置します。

 
  車椅子から横移乗にて台に乗り移ります。  
 

ご本人との動作を確認した上で

設計者の当方が事前確認しました。

(病院でのリハビリスタッフと何度も確認をします)

 
   

隅に背中を当ててシャワー浴となります。

シャワー水栓の機種及び位置も事前に確認しました。

緊急時としてコールボタンも必須です。

 
    シャワー浴中はトイレ便座の蓋は閉めます。  
   

トイレを使用する使用する際は蓋を取り外します。

使用時は足は台から先端部分が

はみ出てしまいます

この方法も確認済となります。

 

 
   

シャワー同様にトイレには

緊急用のコールボタンは必須です。

 
       
       
 
現場全体はこちらから

  

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)