脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
   トップ画面 事務所案内 業務概要 施工事例 アクセス サイトマップ  
 

 

  

 

 大学生の頸椎損傷者の一人暮らしに向けての住環境整備となります。

 

   

 

 車椅子からの移乗の高さを合せる為に

 専用の補高便座を使用します。

 通常便座より5cm程高くなります。

移乗台は本人の動作に合わせた特注品となります。

 
   

ユニットバスの浴室は浴槽には浸からなくシャワー浴とします。

ユニットバス全体にシャワー台を敷きます。

 
    バス上部の下部には補強を施します。  
    水洗部分は切込を入れます。