脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
       トップ画面    業務概要  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 

 

疾病で車椅子を使用されている男性は1人暮らしをされます。

それに向けた住環境整備です。

 

 

既存のトイレに両サイドに手摺を取付ます。

 
 

十分なスペースを確保する為に

正面の収納室とトイレを一室にした上で

入口の扉は両方から開閉できるように、3枚連動引戸としました。

両方から利用する事が出来、ゆったりとしたスペースが確保されます。

 
 
   

目隠し用にロールスクリーンを使用し、

上部の収納及び取り出しはヘルパーさんにお願いします。

 
 

既存のユニットバスを使用します。

洗い場まで車椅子での移乗は正面に付けて乗り移ります。

 

 
    車椅子対応の洗面台です。  
 

 

白い壁(クロス)は車椅子動作により

車椅子のタイヤの汚れが付きやすいものです。

クロスだけであれば、貼り替えれば良いのですが

下のボードまで車椅子でぶつける事となると大変です。

タイヤがあたる部分にパネルを貼る事でその問題が回避出来ます。

 

 
   

同系色のパネルを使用すれば違和感はないですし、

あえて色違いにしてアクセントにするも良しです。

 
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)