脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
        トップ画面    業務概要  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 

脊髄を損傷された車椅子使用者の方はご両親と同居されています。

 

   

 玄関は数段の階段があり、掃出し窓から入室します。

車椅子用段差解消機を設置し、リビングから

室内へ入室します。

(設計者による事前確認はこちらから)

 
   

トイレと洗面室を一室にまとめました

 
   

配管を延長し、嵩上げ用の台を造る事で

既存の便器・便座がそのまま使用出来ます。

便座にやわらか補高便座を使用する事も可能です。

 
   

寝室からトイレへの車椅子動線を

いかに短くする事が大事になります。

押入れを半間潰して通路にしてみました。

 
   

勿論、通路になる押入れの床の部分は

補強が必要となります。

 
 

 

車椅子対応洗面台と汚物洗い器・トイレが

近くなります。

 
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)