脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
   トップ画面 事務所案内 業務概要 施工事例 アクセス サイトマップ  
 

 

  

  

事故により頸髄を損傷され車椅子使用者となった施主は、

新たな住まいで生活をスタートさせます。

 

 
      改修前の上がり框の様子です。  
      2段階スロープを採用、施工します。  
      現状の洗面台では車椅子は勿論使用不可能となります。  
      車椅子対応洗面台にて使用可能とします。  
     

トイレは手摺は設置してあるものの、高さ、径、強度等考慮し

変更すると同時に移乗台も設置します。

 
     改修設置後はこの様になります。  
     

出入口の扉の開閉はクローサーを調整する事で

開閉がスムーズに出来ます。