脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
        トップ画面    業務概要  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 

二世帯でお住まいになる方で頸髄を損傷され、電動車椅子で生活をされます。

 

 

道路からの玄関前のアプローチまではスロープ

で整えます。

 
 

スロープは車椅子の回転スペースを十分に確保する事と

脱輪防止策を講じた方がよいです。

車椅子回転スペースは基本は直径1500mmであれば十分ですが

必要最小限度のスペースを取り、後はスロープの始まりにした方が良いかと。

故に回転スペースは

使用する車椅子によって様々ですから、その都度確認した様が良いかと。

 
 

玄関とは別に、掃出し窓から入室する方法を取りました。

車椅子用段差解消機を設置し入室します。

ピットを掘る事で2方向から車椅子用段差解消機の

テーブルに乗る事が出来ます。

 
 

車椅子用段差解消機と室内床を渡す

自動開閉ブリッジです。

機種によって違いますが最長350mmの長さ

まで可能となります。

 
  サッシの開口に合わせてブリッジの切れ込も可能です。  
 

引き渡し前の設計者である当方の事前確認の様子です。@  
 

 

引き渡し前の設計者である当方の事前確認の様子です。A  
  引き渡し前の設計者である当方の事前確認の様子です。B  
  床暖房用として伝熱シートを敷きこんで行きます。  
  車椅子対応フローリングを敷き詰めます。  
  和室も同様に車椅子対応のフローリングを敷き詰めます。  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)