脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
  トップ画面 事務所案内 業務概要 施工事例 アクセス サイトマップ  
 

 

  

  

地方に住む施主は病気により突然の脳血管障害となり簡易電動車椅子使用となりました。

そして父が所有するマンションの事務所を住居に変更して新たに1人暮らしをスタートさせます。

 

 
改 修 す る 前 の 様 子 で す。
           
           
       
  全 体 詳 細 を の ぞ い て み ま し ょ う。    
           
           
  内 部 詳 細 を の ぞ い て み ま し ょ う。    
         
     

入口スロープは出入りの往復の事を考慮して

2段階スロープを取り入れました。

 
     

キッチンは基本ヘルパーさん対応となりますが、

車椅子でも対応可能にしています。

 
     

 

入浴はシャワーキャリーを使用とする

シャワー浴とし、ヘルパー対応となります。

 
      ご自身で洗濯も希望されました。  
     

立位が取れるので片側だけの手摺設置で対応可能となります。

汚物洗いのシャワークリック併設です。

 
      車椅子対応の洗面台  
         
 
 
ご自身専用の主寝室。  
     

風通しが良くなる様に

格子壁を造りました。