脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
  トップ画面 事務所案内 業務概要 施工事例 アクセス サイトマップ  
 

 

  

  

事故により胸髄を損傷され車椅子使用者となった施主は、自宅横に専用の離れを新築し

新たな住まいで生活をスタートさせます。

 

 
外 観 の 様 子 で す。
           
           
       
  内 部 詳 細 を の ぞ い て み ま し ょ う。    
     

専用のトイレは車椅子対応となります。

併せて汚物洗い器も併設しています。

 
      専用トイレの奥は浴室脱衣室となります。  
     

車椅子専用の脱衣室です。

移乗台の上に専用のマットを敷き詰めます。

 
         
   

車椅子専用の洗い場です。

洗体後浴槽に入浴も可能となります。

 
      こちらは反対側の入口。家族用となります。  
      車椅子対応の洗面台です。  
      増築部分の室内です。  
         
       
 

 

全体はこちらから