脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
       トップ画面    業務概要  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

  

  

事故により頸髄を損傷され車椅子使用者となった施主は、高齢の母親との2人暮らしの為

今までの住まいを取り壊し、新たな住まいで生活をスタートさせます。

 

 
外 観 の 様 子 で す。
           
           
       
  内 部 詳 細 を の ぞ い て み ま し ょ う。    
       
   

 

玄関は引戸タイプを採用しました。

 

 
     

 

通常は玄関部分は段差が生じるものですが、車椅子では通行の

妨げになる為段差の無いタイプを採用です。

水はけ用に外部に排水(グレーチング)を設置しています。

 

 
     

玄関部分は段差は必ず生じるものです。

車椅子用段差解消機を設置解消します。

 
      車椅子用段差解消機の昇降用スイッチ及びリモコンスイッチです。  
   

高齢のお母様は階段を使用します。

勿論、手摺は付いています。

 
 

高齢のお母様が使用するキッチンは疲れた時に椅子でも使用できる

ユニバーサルデザインタイプを採用しました。

 
      車椅子使用者の施主のお部屋となります。  
     

高齢のお母様のお部屋です。

畳敷きの小上がりを採用し、将来車椅子になった時にでも

対応可能となります。

 
    車椅子対応の洗面台です。  
   

車椅子から直接乗り移り易い移乗台。

高齢のお母様が使用する時は

移乗台に一旦座り入浴すると言う方法をとります。

 
     

頸髄損傷者の施主専用のトイレです。

所謂、頚損トイレと呼ばれるタイプです。

 
      車椅子を切込に入れ、乗り移る時(移乗時)に使用します。  
     

多目的トイレです。

将来お母様が車椅子を使用しても大丈夫な様に

充分なスペースを確保しています。

 
   

多目的トイレ内に取り付けた汚物洗い器です。

排泄関係の洗浄に使用します。

 
     

各部屋の出入口及びフロアは十分な開口を取り

全てフラットとなっております。

 
         
    頸髄損傷者でも開閉し易い建具の取っ手  
       
 

 

全体はこちらから

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)