脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
  トップ画  事務所案内 業務概要 施工事例 アクセス サイトマップ  
 

 

 

 

 大学生の頸椎損傷者の一人暮らしに向けての住環境整備となります。

 

 

玄関前の段差解消は賃貸マンションと言う事もあり、簡易的なスロープ設置にて

段差解消を施します。

 

 
  共用廊下と言う事で居住者の配慮も考えなくてはいけません。  
 

頸髄損傷の身体状況を加味したトイレ使用状況。所謂「頚損トイレ」の使用にします。

長時間使用の為に縟瘡(床ずれ)予防も視野に入れ、ウレタンのレザー加工仕上げの台です。

車椅子での移乗も台に面して正面に移乗する為

一部切れ込みを入れて、移乗し易くします。

 
 

学生と言う事もあり、多くの友人達が遊びに来て

使用出来る様に、跳ね上げ式にします。

 
 

ユニットバスの浴槽には入らなく、シャワー浴が基本となります。

洗い場は嵩上げして一面に台を設置します。

 
 

浴室への出入りは車椅子から正面でするので

一部切れ込みをいれて移乗し易い様にします。

 
  移乗の使用しない時は跳ね上げて収納します。