脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
        トップ画面    業務概要  
 

 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 

 

頸髄を損傷されたオーナー様は受傷時に医療機関で脳血管障害が見つかり、障害福祉と介護保険と双方の制度を使用する事となります。

電動車椅子を使用して在宅での生活が始まります。

 

   


角地に立つオーナー様宅の出入り口は玄関からでは無く 

 今は使用していない駐車場を利用し、車椅子用段差解消機を設置します。   

車椅子用段差解消機はメーカーによって違いはあるものの 

 3cmから7cmと機器の厚みがあります。 

勿論、利用するにはその厚みを越えなくてはいけません。

  私は段差無しでスムーズに利用する為にはピット(厚み分の穴)を推奨します。 

 

 
 

車椅子用段差解消機の利用の動線を考えて

安全策として手摺を設置します。

 
  昇降する事でピット部分のメンテナンスもし易くなります。  
 

 

 車椅子用段差解消機のテーブルとの隙間は2cmあれば

車椅子のキャスター(前輪)は脱輪しなくて安心です。

 
 

掃出し窓のサッシ越えは渡し板を作成します。

 
  渡し板を渡した状態です。  
  和室からフローリング敷きに変更です。  
   

隣との部屋の行き来も段差が無く、

車椅子が楽に行き来出来る様に、扉も交換しました。

 
  壁は既存の京壁を塗り直します。  
  介護ベットと移動用リフターは介護保険対応となり、レンタル品です。  
 

 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)