脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
   トップ画面 事務所案内 業務概要 施工事例 アクセス サイトマップ  
 

 

  

  

事故により頸髄を損傷され車椅子使用者となった施主は、

新たな住まいで生活をスタートさせます。

 

 
         
      頸髄損傷者のトイレ。所謂、頚損トイレとなります。  
      車椅子動線を考え、一部可動式にしました。  
      勿論、転落防止用の手摺及び背当  
    汚物洗い器の新規設置。こちらはヘルパーさん対応。  
      浴室もシャワー浴とします。  
      緊急時の事を考慮してベランタに出る事も