脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
        トップ画面    業務概要  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 
     

脊髄を損傷されたオーナー様は

室内は歩行器と車椅子・屋外は車椅子を使用されています。

階段の昇降は手摺等で解消できます。

 
   

歩行器で階段の昇降は出来るとは言え、

雨天時等の危険予防として手摺を設置です。

 
   

手摺の一部を着脱式の跳ね上げにする事で

通行も可能となります。

 
   

玄関部分には椅子を設置し、靴の着脱とします。

立ち上がり等の一連に動作で廊下には手摺設置です。

 
    使用しない場合は跳ね上げ式となります。  
   

 

 階段下に新たに設けた収納庫。

車椅子等を収納するには便利です。

 
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)