脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
  トップ画面  事務所案内 業務概要 施工事例 アクセス サイトマップ  
 

 

 

 

 

頸髄を損傷されたオーナー様は電動車椅子を使用し屋内外共に移動されています。

 

 

一部段差(上がり框)は残し、全体に嵩上げしました。

電動車椅子であれば3cmの上がり框は

乗り越えられます。

段差がある事で砂埃の室内流入は防ぐ事が

可能ですし。その分掃除の回数が減りますよね。

 
 

切込を入れた特注大理石のスロープ。

 
   

車椅子からベットへの移乗動作は介護リフトを使用します。

リフトは天井走行リフト・移動用リフトと2種類あります。

採用に於いてはスペース的な配慮も必要です。

 
   

 

 介護ベットの機能は3モーター式

 

同時にエアーマットと体交枕も用意しました。

(リフトの吊り具も要必需品です)