脊髄損傷の車椅子建築士が提案する、頸髄損傷住宅・脊髄損傷住宅  
 
ご相談は 〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F 電話 049−235−8790 まで    メールはこちらまで  
         トップ画面    業務概要  
 

 

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)  
 

 

 

 

頸髄を損傷され病院・施設にて訓練を受け、在宅に戻って来ます。

ご両親と同居され、ご両親も車椅子を迎えるにあたって不安の様子です。

 

   

道路から奥く敷地があり、車椅子走行が楽になるように

タイル敷きにします。

 
    門扉は車椅子でも開閉が楽な様に引戸タイプにします。  
    スライド門扉の内側はこんな感じとなります。  
   

 

 アプローチ部分の勾配は、ご本人の車椅子動作負担軽減を目指し

 1/18としました。 

(基準法では1/12ですが、私は1/15以上を推奨しています)

1/12勾配は自走用車椅子では少々しんどいです。

 
   

玄関扉は袖付の2枚引き戸です。

有効開口も十分で車椅子での利用もとても楽です。

 
   

四角の枠が車椅子用段差解消機です。

違和感はありませんね。

 
   

使用する時はこの様になります。

リモコンにて操作行います。

 
   

車椅子専用の部屋に全て集約しました。

身体状況も考慮して温水床暖房のフローリング敷きとしました。

 
    壁と天井は調湿効果のある珪藻土で施します。  
    全体的に明るい部屋になりました。  
    出窓にしてさらに陽を取り入れます。  
    本人用の介護ベットを設置するとこんな感じとなります。  
    専用の洗面所です。  
       
   

同じ場所で3枚引き戸の左を開けると

汚物洗い器となります。

 
       
 
現場全体はこちらから

  

 
栗 林 福 祉 建 築 事 務 所 の バ リ ア フ リ ー 住 宅 作 品 ( 事 例 )
  脊髄損傷者の住まい(こちらから) 頸髄損傷者の住まい(こちらから) 車椅子使用者・福祉の住まい(こちらから) 介護保険の住まい(こちらから)