検 証 報 告 書 (Iデパート編)
      開催日      平成17年6月5日(日)

      参加団体     *グレートバリアフリー探検隊

                *彩の国バリアフリー協会

      参加者       計 8名

                 (内 車椅子使用者 3名)

  
      検証場所     Iデパート障害者用トイレ及び他  

      

      検証項目     *車椅子使用者をはじめとした身体不自由者及び

                 高齢の方々の利用状況の把握及び

                 問題点の抽出

Iデパート 2階 障害者用トイレ便器
【現状及び問題点】

*床から便座まではH450

*便座向かって左手摺の先端が内側に曲がっている為、車椅子から便座に移乗出来ない

*便座に向かって、車椅子を横付けするも左内側手摺に膝があたり、横付けが出来ない為

  介助の必要な利用者は支障きたす

  (現時点での車椅子より移乗可能な対象者:立位可能者)

【改善案】

*壁側に固定手摺、反対側(斜め壁側)に可動式手摺を取り付ける事により、

  車椅子の横付けが可能となり、介助作業及び車椅子からの移乗が便利となる

   (車椅子より移乗するには、便座の斜め又は側面に車椅子を横づけする方法が取り入れられる)

*片麻痺の方の使用も考え、トイレットペーパーの左右設置が望ましい

*転倒時の緊急対策用として、下部に緊急コールの設置

Iデパート 2階 障害者用トイレ洗面所
【現状及び問題点】

*車椅子使用者においては、走行による手の汚れ落す為に手洗い用石鹸は有効的である

 (石鹸等の設置されているトイレは少ない)

* 膝下まで洗面台下部まで入り、洗面使用時においては、手元濡れの予防に効果的である

【改善案】

* 手洗い後の乾燥機の設置が望まれる

* 手洗い用(足・腰の弱い高齢者使用時)に移動可能な椅子の設置が望まれる

Iデパート 7階 障害者用トイレ便器
【現状及び問題点】

*床から便座まではH450

*室内空間が広く、活動スペースにかなりの余裕有り

*便座向かって右の可動式手すりは介助時及び車椅子より便座に移乗時に有効的である

*可動式手すりがぐらついており危険である

*床面からH830の位置に手摺設置されてはいるものの、使用時においては

 少々高い様に感じる

*便座からトイレットペーパーまでの距離が長く、上肢不安定の利用者の使用は

  支障をきたす

【改善案】

*室内空間が広い為、重度障害者向け、及び乳児用のベットスペースの設置が望まれる

*片麻痺の方の使用も考え、トイレットペーパーの左右設置が望ましい

*転倒時の緊急対策用として、下部に緊急コールの設置

*可動式手すりのぐらつき対策

Iデパート 7階 障害者用トイレ洗面所
【現状及び問題点】

*車椅子使用者においては、走行による手の汚れ落す為に手洗い用石鹸は有効的である

 (石鹸等の設置されているトイレは少ない)

*膝下まで洗面台下部まで入り、洗面使用時においては、手元濡れの予防に効果的である

【改善案】

* 手洗い後の乾燥機の設置が望まれる

* 手洗い用(足・腰の弱い高齢者使用時)に移動可能な椅子の設置が望まれる

【 他 】

*障害者用トイレ入口が手動引き戸であり、上肢身体不自由者の扉の開閉作業

  及び施錠作業に支障きたす

*垂直移動手段としてEV設置されているも、中途階からの利用においては

  EV内混雑の為車椅子使用者は利用出来ない(2基2ヶ所共)

  その為同伴者共々、長時間待機させられる

  【改善提案】

*障害者トイレ自動扉の変更が望ましい(2階・7階共)

*車椅子使用者及びベビーカー使用者等優先利用EVの設置

  しかし、現状では厳しいと思われる為EV計4基中1基だけでも

  エレベーターガールを常駐し、利用客に協力依頼し誘導する。

  (その際、車椅子使用者来店時にその旨を伝達するシステムを確立する)

【総評】

*貴店を利用するにあたって、交通手段は埼玉県でも上位に入る乗降者数を誇る

  JR浦和駅を使用。

  又、全国から様々な人が浦和を訪れ、周辺の施設を利用し、又、貴店を利用。

  不特定多数の人が利用するにあたり、現状のトイレではかなりの支障が生じている。

  余談ではあるが、今回貴店訪問にあたり、待合せしていた時に従業員からさり気無く

  「何か不都合な事があったら、おっしゃって下さい」と声掛けが。

  快い応対の従業員を擁する貴店の前向きな今後の対応に期待するばかりです。


                                      以上

戻る