「お店の人と一緒にUDを探ろう!

開催場所

伊勢丹 浦和店

主催  彩の国バリアフリー協会ユニ・バリ探求委員会
開催日  平成18415()
開催テーマ  リニューアルされた店内を従業員と共に、車イス体験及び高齢擬似体験をして、
普段と違った立場・目線による検証をし参加者全員でワークショップ形式の懇談を行い
活気があるお店づくりを目指す 

 

参加者(伊勢丹新入社員含)による車イス・高齢擬似体験

検証終了後班によるワークショップ

 

リニューアル前後

2Fトイレ》

   

改修前

   

応急措置

   

リニューアル後

   

 

7Fトイレ》

改修前

 
リニューアル後  

 

5F新規造設トイレ》

 

《他》

 

《駐車場》

 
改修前

リニューアル後

 

《総評》

 

 

今回の再検証を行うに至った経緯は、昨年6月に行われた「街歩き体験」の時に
ふと立ち寄った際、現状のままでは全ての人が、笑顔で安心して利用するにあたり
多少なりとも制限があると感じたかからです。
その後お店側と交渉し、日を改めて店内バリアフリーチェックを行う事となり
店側担当者と移動動作を交えた検証で問題点を提起し、改善提案書を
提出する事となりました。


その提案が「人に優しい」をキャッチフレーズにしている店側の意向と
合った形となりました。
9月から店内改装が行われると言う事で、担当者が本社と折衝して
当初予定していなかった検証箇所(多目的トイレ・駐車場)を追加改装してもらう様
取り計らってもらう事が出来た次第です。
改装完了までの間、問題箇所は担当者と連絡を取り合い、使用するにあたり
当面支障がないまでの応急措置を施して頂けました。

その後、3月に全体改装を終えた店内を再検証すると言う事で今回の実施となりました。
今回の再検証をより充実したものにしたいと思い、伊勢丹新卒者又労働組合の方々
にも参加、高齢者擬似体験・車イス体験をして頂きました。
そして体験終了後参加者全員での意見交換会を行い、今後のお店つくりに役立つ様な
様々な意見が飛び交いました。

今回体験した新入社員の方々には初体験として多くの事を学んだ事でもあり、
これからの職場で何らかの形で、体験が活かされるものと思います。
ある参加新入社員曰く
「物理的に無理なところは心で応対していきます」と。
この思いを周りの人に伝えて頂き、今後のお店の発展に繋げて行って欲しいと願います。

今回の検証を終えて、伊勢丹浦和店は店員の接客・応対始め
店内の数々の施設は「また行きたくなる」と言う感じを受けます。
又、「今後残された課題は次年度予算を取り、改善を進めて行く」と嬉しい回答も
頂く事が出来ました。

最後ではありますが、速やかに対応して頂いた伊勢丹浦和店の企業姿勢に敬服する
と同時に担当者はじめ、従業員の方々又参加して頂いた方々に感謝しするとともに
今後この様な店舗・施設が増えて行く事を願うばかりです。

     
                                                  以上

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
栗林福祉建築事務所
栗林 稔昌
電話 049-235-8790
携帯 090-3078−3207
t-kuri911@pro.odn.ne.jp
http://8343kuribayashi.com/
 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★