栗林福祉建築事務所 車 椅 子 建 築 士 の 建 築 設 計 事 務 所
栗林福祉建築事務所

049

235-8790

 

  

  ホーム 事務所案内 業務概要 施工事例 アクセス  サイトマップ  

 

  脊髄損傷の車椅子建築士が設計・建築する頸髄損傷者住宅・脊髄損傷者住宅始め
全ての障害の住宅から一般の住宅まで
 

 

 
 
 

 

平成6年11月に出張先の現場での転落事故により脊髄を損傷。落下した所にたまたまフォークリフト 来て、左頭部に激突。

その後意識を失ったまま救急病院に搬送後脳外科にて頭部の手術。その後一週間後整形外科にて脊髄の手術。

年が代わり平成7年1月17日に「阪神淡路大震災」が発生。整形外科の医者に一生車椅子と宣告され、当時に

頭部の手術が再手術と宣告され、出身地の福岡県の病院に転院。その頃東京では3/20に「地下鉄サリン事件」が発生。

平成7年8月に頭部の再手術を無事済、リハビリを本格的に開始し、平成8年3月に退院となる。

当時は介護保険の施行前であり、福祉の制度も確立できていない状態の時期。

実際に車椅子で地域に生活するには大変な時期であった。

何故なら、

              *一律マニュアル通りで施工されており車椅子当事者に合っていない住環境

              *教科書通りの情報提示(当事者の要望に合っていない)

              *教科書通りの福祉用具・福祉機器の提示(当事者の要望に合っていない)

              *複雑な行政制度で活用方法が不明瞭

              *相談窓口が分からない(たらい回し状態)

     *等

以上の体験・経験を踏まえ、車椅子当事者及びご家族が少しでも負担軽減出来る様に

このHPにて伝えていきたいと思います。

 

 
 

  

      

  ホーム 事務所案内 業務概要 施工事例 アクセス サイトマップ  
    

ご相談はメールこちらでも受け付けています

栗林福祉建築事務所

〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F
Tel 049-235-8790