福祉住環境改善グループ
ご相談はTel  049-235-8790  049-235-8790 まで

 

 ト ッ プ お 知 ら せ 活 動 報 告 会   報

  

活動主旨

 

機能低下及び怪我や疾病により中途で障害を負った事により、今まで送っていた

生活スタイルが大きく変化します。

その障がい当事者・高齢者がその変化に中々順応出来ないでいるのが現状です。

本人は勿論の事、ご家族もこれから先の事を考え、不安を抱えている方が多いと思います。

◎受傷後の住まい&地域での生活について

家族の対応・生活について

◎体調管理・健康管理について

◎住宅改修の方法について

◎福祉用具・福祉機器の利用の仕方&選び方

◎自治体の社会資源の制度や助成金の活用方法とは

◎他

この様な思いの方達に対しのサポートとしては、建築・福祉・医療・行政及びピア(*)の連携

必要不可欠となります。

そこで当グループに於いては勉強会や交流を通じて各分野と連携をし、当事者の方達に対し

適切なアドバイスが出来るようにと活動をして行きたいと考えています。

 (*)ピア=仲間

 (この様な悲しい出来事を無くす為に・・・

 

活動内容

 

*福祉住環境の整備を提案し、当事者・家族が快適に過ごせる住環境づくりのサポート

*福祉機器・福祉用具等の認識向上に向けた勉強会の実施

*行政福祉サービス・社会資源の認識向上に向けた勉強会の実施

*福祉建築等の認識向上に向けた勉強会の実施

*福祉の現状・問題点等を提起し、改善に向けた活動の実施

*上記活動に付帯した活動の実施

 

所属仲間

 

*ピア(障がい当事者・当事者家族等)

*建築分野(建築士・施工等)

*医療分野(医師・看護師・保健師・リハビリスタッフ・医療相談員等)

*福祉分野(社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士・ヘルパー等)

*企業(福祉用具・福祉機器製造会社及び販売会社・居宅介護事業所等)

*他

 

事務局

   〒 350−0023

  埼玉県川越市並木815 並木ビル1F  (車椅子トイレ完備)

  TEL  049−235−8790  FAX  049−235−8791 

   mail     t-kuri911@pro.odn.ne.jp

  代 表   栗林 稔昌   (プロフィール1)       (プロフィール2)

  副代表   蒲田 里恵       副代表   高橋 友也


グループ活動に賛同してくれる仲間も募集しております。

まずはご連絡下さい。一緒に活動しましょう。(学生も一緒に勉強しませんか)

又、皆さまの声&生活の問題点を是非聞かせて下さい。

 

福祉住環境改善グループ

ご連絡又はご相談はメールこちらで受け付けています

(参加希望の方はこちらからお願いします)

〒350-0023 埼玉県川越市並木815 並木ビル1F
Tel 049−235−8790