第9回彩の国ユニバーサルデザイン建築カレッジ
   
【開催趣旨】  
高齢者や障がい者が抱える問題を理解し、身体特性等の設計条件の把握や、
地域の医療保険・福祉関係者との連携の仕方等、
ユニバーサルデザインに関する設計手法を幅広い観点から講義や実習を通して身に付ける事により、
実務に活かせる人材の育成
【主催】  
埼玉県                               担当  都市整備部建築指導課 
                                            小野寺 陽景 氏

社団法人埼玉県建築士事務所協会             担当  ユニバーサルデザイン委員会
                                        委員長   滑ツ境設計
                                            的井   博美 氏
 
【協賛団体】  
彩の国人に優しい建物づくり連絡協議会
彩の国バリアフリー協会 
http://homepage2.nifty.com/enosons/sbfa/sbfa001.htm
 
   
《1日目》 平成19年1月12日(金)      会場  彩の国8番館 (さいたま新都心)
◎ 講義 「ユニバーサルデザインの理念と実践」  
  講師  東洋大学ライフデザイン学部
            人間環境デザイン学科
       教授  高橋 儀平 氏
◎ 午後に行なわれる体験実習の説明と受講生の班分け  

説明者    (有)高廣建設一級建築士事務所雄設計工房         
         高杉 雄一 氏             
         http://mykit.jp/pc/sukenojyo/index.php3


 
◎ 講義 「障がい当事者の現状について」

      〜中途障がい者に於ける、障がいの受容から生活に至るまで〜
 講師  栗林福祉建築事務所
         栗林 稔昌 氏
     http://8343kuribayashi.com/


 
◎ 体験実習に先立った班毎の事前打合せ  
*受講生を5班に分け、各班毎に選定したコースを
  高齢擬似体験・アイマスク装着・車椅子等で
  それぞれ体験し、視覚障がい者と車椅子使用者
  と共に行動し、昼食を取りながら外出時に於ける
  問題点を提起し、共に考える事を目的とした
  体験実習
◎ 体験実習 スタート 
   「違う視線で美味しい昼食を食べよう!!」 
 *車椅子当事者から注意事項を聞く  *慣れない車椅子操作で入口扉を開ける受講生
 *車椅子及びアイマスク体験で
  段差降りをどの様に対処するか?
 *視覚障がい当事者から生の声を聞く受講生
 *視覚障がい者から階段の昇降方法を聞く
   アイマスク装着の受講生
 *アイマスク装着・高齢擬似装着・車椅子で
  移動体験
 *アイマイク装着・高齢擬似装着・車椅子
  体験で横断
 *受講生と障がい当事者との雑談風景
 *ゴールに向けて最後の体験
 ◎ 体験修了後各班の障がい当事者による意見交換  
 *日頃中々共に行動する機会が少ない中
  体験実習修了後各班毎にサポートして頂いた
  視覚障がい当事者・車椅子当事者から
  外出時に於ける現状問題点
  (駐車場問題・多目的トイレなど)
  の説明を受ける
  
 ◎ 各班毎の感想をまとめ、そして発表  
 ◎ 車椅子当事者による感想発表  
 発表者
 潟hリームスコーポレーション 風の詩
 NPO法人             彩の風
         代表  武藤 康美 氏
 http://www.sainokaze.com/

 

 《2日目》 平成19年1月16日(火)        会場  彩の国8番館 (さいたま新都心)
 ◎ 講義 「動きの障がいへの理解」  
 *作業療法士による現場報告及び疾病の
   特徴と動作制限についての事例紹介
講師  埼玉県立大学
     保険医療福祉学部作業療法学科
     松尾 彰久 氏
 ◎ 建築設計実習  
 *講師の作業療法士と車椅子当事者に相談しながら、
   班毎に与えられた
   既存公共施設の改修、住宅改修をテーマに設計実習
講師  高齢者住宅改修相談ネットワーク
     小野 幸一 氏
     岸   典子 氏
     栗林福祉建築事務所
     栗林 稔昌 氏
   
 ◎ 事例紹介  
 *脳梗塞による片麻痺の住宅改修  講師  高齢者住宅改修相談ネットワーク
      小野 幸一 氏
 *入間市立西武中学校体育館トイレ  講師  ところさわ一級建築士集団
      佐藤 亮一 氏
      http://www.k4.dion.ne.jp/~tag/
 *伊勢丹 浦和店改修UDアドバイス  講師  ユニ・バリ探求グループ
      栗林 稔昌 氏
      http://groups.yahoo.co.jp/group/yuni-bari/

 

《3日目》  平成19年1月30日(火)       会場  川口市総合文化センター・リリア
 ◎ 講義 「リウマチ患者の住環境整備」  
  *UDの社会必要性を考える
   〜リウマチ患者の生活を通して〜
 講師  聖学院大学人間福祉学部
      野口 祐子 氏
 ◎ ミニシンポジウム  
 *企業に於けるUD活動及び意見交換  
 
 
*司会  武田建築デザイン工房
        武田 敏彦 氏       
       http://www5c.biglobe.ne.jp/~totakeda/
 
 *パネラー
  野口氏(聖学院大学助教授)指氏(視覚障がい者)
  五十嵐氏(ガイドヘルパー)栗林氏(車椅子使用者)
 *樺O青社 による「社会交流空間に於けるユニバーサルデザイン」
   説明  樺O青社 企画広報室
      柳原 敏幸 氏
      http://www.tanseisha.co.jp/
 
 ◎ 受講生による発表及び意見交換

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
栗林福祉建築事務所
栗林 稔昌
電話 049-235-8790
携帯 090-3078−3207
t-kuri911@pro.odn.ne.jp
http://8343kuribayashi.com/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★